Jeweled Lucyからのご挨拶

プロフィール画像、左に作品の写真

Greeting from Jeweled Lucy

初めまして。JL Tomoko Yamamotoです。
2012年に海外出展が決定した時、自身のジュエリー作品ジャンルを『JLコスチュームジュエリーART』と名付けました。
以降、作家活動・ジュエリー教室をしております。

アート作品においては神秘をテーマに表現し
ジャンル名を『JL (ジュエル) アート』として、2013年より国内・海外の展覧会に出展しています。


プロフィール

大手子供英会話スクールで講師を務めた後、英会話・英検・高校/大学受験等を指導するTomoko English Schoolを立ち上げる。
同時通訳者の下で学び、山陽女子ロードレース・外国人選手担当の通訳を3期務める。

イベント会社社長にスカウトされ、司会業に従事。
放送局のアナウンススクール専科修了後、アナウンサーに師事。CM出演、ナレーション、TV番組の映像翻訳に携わる。

そんな環境の中、2009年夏、スピリチュアルカウンセラーに「将来、海外で活躍するジュエリーデザイナーになる」と告げられる。

元々、小学3年生の頃に、ワイヤーで作るビーズ細工のキットを貰ったことをきっかけに趣味となり、6年生の頃には、動物や人形などの立体物制作を得意としていた。
小学校卒業時には、当時の市販のビーズ本は全て作れたので、ビーズ細工の趣味も卒業。

2010年、コスチュームジュエリーの美しさを知り、ワイヤーが得意だったこともあり制作を始める。

9ヵ月後、オリジナルブランド“Jeweled Lucy ”ジュールドルーシーを立ち上げる。

略歴

 

2010

・2月:ジュエリー制作スタート

・10月:Jeweled Lucy創立

2011

・ビーズアートジャパン大賞2011/上野の森美術館、東京

2013

・ミネルヴァ8in ヴェネツィア/クエリーニ・スタンパリア美術館、イタリア

・18th日本の美術 全国選抜作家展/上野の森美術館、東京

・ネオジャポニスムinウィーン/シェーンブルン宮殿、ウィーン

・3人展/百十四銀行 岡山駅西口支店様

・パリアートフェア「サロン・ビジネス・アール」エスパス・ピエールカルダン、仏

2014

・19th日本の美術 全国選抜作家展/上野の森美術館、東京

・ミネルヴァ9 in 神戸/兵庫県立美術館、神戸

・19th日本の美術 受賞作家展/銀座アートスペース・ジャンセン美術館、東京 

・第22回国際平和美術展/京都市美術館

・第22回国際平和美術展/ユネスコ・パリ本部内ミロホール/パベルデュホール、仏

2015

・20th日本の美術 全国選抜作家展/上野の森美術館、東京

・第1回ジュールドルーシー5周年記念展、香川県文化会館
  同時開催:第4回日本画家と市民の交流展/主宰:児玉美鈴(親族)

2016

・21st日本の美術 全国選抜作家展/上野の森美術館、東京

2017

・22nd日本の美術 全国選抜作家展/上野の森美術館、東京

・Japanese ART & Design International in N.Y./アショク・ジェイン・ギャラリー、米

2018

・上海風月舎画廊常設展/中国

・23rd日本の美術 全国選抜作家展/上野の森美術館、東京

2019

 ・24th日本の美術 全国選抜作家展/上野の森美術館、東京

2020

・25th日本の美術 全国選抜作家展/上野の森美術館、東京

・25th日本の美術 受賞作家展/ギャラリー八重洲、東京

2021

・26th日本の美術 全国選抜作家展/上野の森美術館、東京

2022

・27th日本の美術 全国選抜作家展/上野の森美術館、東京

JL Tomoko Yamamoto

メディア

2011 「ビーズアートジャパン大賞2011」(女神のほほえみ)掲載
2013 「ミネルバⅷ in VENEZIA」(妖精のささやき)掲載、幻冬舎
2014

「Exhibition of MINERVA 2014 in KOBE」(深海照らせし 天の輝き)掲載、幻冬舎

「現代アーティスト名鑑/ラ・ガゼット・デ・ザール」(深海照らせし 天の輝き)掲載、フランス

受賞歴

2011 「ビーズアートジャパン大賞2011」入選
2014 「19th日本の美術 全国選抜作家展」審査員特別賞
2020 「25th日本の美術 全国選抜作家展」審査員特別賞

 

Jeweled Lucyについて

JL Tomotyとは?

JL とは、Jeweled Lucy の頭文字をとったもので、ジュエルと、表記。
独自の世界観を表現した作品をは
JL ART /ジュエルアートとして親しまれています。

Tomotyとは、English Schoolの生徒様とお母様が、Tomoko Teacher を略して Tomo Tと呼んでくださっていた事に由来。
旧ブログ(アメブロ)のタイトルには、この名前を使用しています。

2011年まで雅号として使用していましたが、以降は JL Tomoko Yamamoto として活動しています。

新ブログ「JLのアートブログ」でも、JL Tomotyとしてお届けしています。